尾見怜:五〇九号分室

小説・映画・音楽の感想

ダメ人間の見本市 筒井康隆:家族八景

突然ですが、わたしはダメな人間を見たり聞いたりすることが好きです。

ダメ人間のことを考えるだけでわくわくします。
自分がダメなのでダメな人がいると共感します。
わたしのダメな人間のなかで好みのタイプは、自分同じタイプである怠惰で人間ぎらいな性悪な人です。
そういう人が創作作品に出てくるとこの上なく共感しますし、酷いことをしたり言ったりすると笑ってしまいます。
たいてい、悪役だったりします。
逆に嫌いなタイプは、元気が良くて、リーダーシップがあり、みんなの人気者的な主人公タイプです。
もしそんな人がいて、この作品を未読だったらぜひ読んでみてほしいのです。

筒井康隆はダメな人を書くのがじょうずです。

この「家族八景」は、心の中を読むことができる「テレパス」の超能力を持った火田七瀬という女中さんが主人公の短編集です。
続編に「七瀬ふたたび」、「エディプスの恋人」があり、「七瀬三部作」なんてカテゴライズされてます。
この作品で直木賞を逃して、ずっと文句たらたらなのが面白いですね。よほど自信あったのでしょう。
七瀬は様々な家庭に女中として派遣されては、トラブルに見舞われる不幸体質の女の子です。
この作品の面白いところは、テレパスを利用して得をするのではなく、七瀬は徹底的に損をし続けることです。
七瀬三部作は、テレパスと言う能力のせいで七瀬が酷い目に遭い続けるお話なのです。

肝は、七瀬が登場人物の思考をすべて把握することによって、人間の醜い本音に苦悩しまくるところです。
主人公はおまけにとびきりの美人という設定なので、まあまあの確率で男性が七瀬に対して性的な妄想をします。それがいやでも聞こえてしまう。
七瀬は男と相対する時、常にセクハラを受けている状況なのです。(そこがまたいいのです)

作中では括弧に囲まれてキャラクターの本音が七瀬に伝わってしまいます。

セリフとは裏腹にすさまじい思考をしている場合がほとんどです。


下記は些細なミスを犯した七瀬に対しての雇い主の一言。

 

「あら。もっと小さなウイスキー・グラスがなかったかしら。それ、シャンパン・グラスよ。」(白痴。田舎者。)


理不尽な罵詈雑言と言うのはおもしろいものです。

七瀬も慣れてしまっていて、この程度ならもうショックを受けないのがまた健気。

人の本音と言うのは醜悪この上ない。

滑稽と言うレベルを超えて嫌悪感をおぼえるのです。

それが楽しいのだからじぶんでもようわからん。
男性の本音は気持ち悪いですが、女性の本音もえげつない。

七瀬が夫の歓心をかって嫉妬の対象になるパターンでは、とてつもなく邪悪な罵倒をくらうのです。
外面は優しかったりするので、本当に七瀬がかわいそうになるのです。。。それが楽しいのだからじぶんでもようわからん。

こういう趣味の悪い娯楽はなんというか。レディコミとか。デビルマンとかエヴァとか。人間の暗部を喜ぶ性癖の人って多いのでしょうね。
海外の映画では結構見かける気がする。ラースフォントリアーとか、ミヒャエルハネケとか。

ラスト、七瀬はあるキャラの怨念に近い内容の心の声を怯えながら聴き続けます。

ひっでー終わり方……と言う感想。でもおもしろい。

内容が本当にえぐいのだけでも、良くも悪くもキャラクターが昭和的ステレオタイプなので令和になってしまった今、どこかファンタジックかつ滑稽で、それもまた新鮮なのでございます。

醜悪な人間フェチはぜひ、読んでみてください。

 

 

家族八景 (新潮文庫)

家族八景 (新潮文庫)

 

 

ミニマルなのはいいことだ もっと日本に来てください The XX:xx

 

ポスト・ポップ、インディー・ポップ、ポスト・ポップ、どれが正しいのかわからないけど、The XXは本当にいいバンドです。
音楽のジャンル分けってようわからん。

雑誌の編集者が勝手に決めている気がしてならない。

編成が独特で、ツインボーカルの男女がそれぞれギターとベースを担当。あとはDJによるリズムマシン(リズムボックス?)を使ったビート。
最低限の音数で作られた、星新一の短編のような味わいのアルバムでござんす。一曲一曲も短め。

当然のことながらシンプルです。ボーカルが強いかと問われれば、二人ともささやくように歌います。
ギターもベースも変なことをせず、ギターは基本リフのみで単音。

主にへんなことをしているのは、リズムマシンです。
これを聴いて合う人はぜひアルバムを買ってほしい。

 


The XX Intro long version]

 

最小限の音で気持ちのいいことができるんですねぇ。日本では人気出ないタイプなのかなぁ……
いまや訳の分からない世界に行ってしまったRadioheadColdplayよりよっぽどわかりやすくていいとおもうのですが。
確かにルックスは微妙ですよ。地味だし暗いよ。
でもこのアルバムの#1~4の上位打線はほんと凄いんだよー!
ちゃんとアルバム単位で聞けば最高なんだよー!

ミニマリストブームだしThe XXブーム来い!

自分はコーラスを男女のオクターブユニゾンでやるのがどうにも好きらしい。他にはスーパーカーとか。

 

 

xx  [輸入盤CD](YT031CD)

xx [輸入盤CD](YT031CD)

 

 

天才作家の渾身の一撃 町田康:告白

 

平成に刊行された小説の中でも間違いなくトップ10に入るであろう大傑作。

谷崎潤一郎賞受賞。「朝日新聞平成の三十冊」で3位。

分厚いからみんな読まないのかなぁ。超面白いのに。好きでたまらない。
本作は日本の近代小説の金字塔です。ゼロ年代海辺のカフカじゃなく今作を中心に語られるべきだった。

ユーモラスでひらがなを多用し簡易な単語ばかりの河内弁を使ったセリフ回しと、作者のツッコミが光る地の文とのグルーブはどのページをめくっても気持ちがいい。
読んだ当時ぶったまげました。筒井康隆以上にふざけてて崩壊寸前。これは「純文学」なのです。文章を味わうことができる。これが美味美味。
ふざけてて笑えるのに、エンタメとしても超優秀なのです。これがまた。これほんとうにとんでもない傑作ですよ。「文学」なのにエンタメ小説が太刀打ちできないほど面白いんだから。
河内音頭のスタンダートナンバーである「河内十人切り」恋愛+ギャンブル+犯罪+ファンタジー要素もあり、総合小説といっていいのでは。
ここ最近はやりの大どんでん返しだったり、伏線貼りまくりのテクニカルな構造を取っていません。それもまた硬派ですばらしいのです。アイディア勝負ではない。プロットに頼らない。超一流作家の横綱相撲です。
ちなみに文壇文学賞の4大タイトルともいわれる芥川賞谷崎潤一郎賞野間文芸賞川端康成賞すべての受賞者は大江健三郎、大庭みな子、河野多恵子丸谷才一、そして町田康です。存命なのは大江さんと町田さんだけですね。なにが言いたいかと言うと、ほんとうにすごい作家ということ。その凄みが一番感じられる、代表作がこの「告白」なわけでございまする。

いくら褒めても褒め足りないのでここらへんでやめます。

以下あらすじ

 

時は明治。

河内の水分というところに住む、城戸熊太郎というどうしようもない農民が主人公です。その熊太郎がまあ不器用で怠惰。

あかんではないか。


ろくでもない奴なのですが、それは農村での規範から照らした場合のこと。この時代には珍しく、思弁的、内省的な人間だったのです。
彼は生きづらさを感じています。彼の中には伝えたいことがたくさんある。抽象的で画一的な表現では伝えきれない複雑な思いが、胸中でぐるぐるしている。
熊太郎の不幸は、それを他人に伝える「言葉」を持っていなかったのです。
河内弁を使う周囲の人間は良く言えば無邪気、悪く言えばぶっきらぼうなアホです。人一倍繊細な熊太郎は彼らとうまくやっていけません。
だって、使っている言語が、熊太郎の心理を表現するには足りなかった。町田康は、知らない言語の国に迷い込んだ旅人のよう、と形容しています。
それが彼の人生を、見れば最高に滑稽で悲惨なものにする。

熊太郎はこの小説の中で、様々な体験をします。神懸った神秘体験、賭博、金銭トラブル、恋愛、盆踊り、婚姻、暴力沙汰。
周囲との意思疎通がうまくない熊太郎は、そこでやりきれない思いをかかえながらも懸命にがんばるのです。めっちゃ傷つきながらも懸命に。
しかし35歳になったある日、限界が訪れます。金をだまし取られ、最愛の嫁も寝とられた。さらに集団でボコられ半殺しの憂き目にあった熊太郎。
相手は熊太郎をアホと決めつけて何かと迫害してくる金持ちのぼんである松永熊次郎。
唯一の弟分である弥五郎と決死の復讐へと向かいます。田畑を売り払い、武器を買い込み、肉親に別れを告げる。

かの有名な、「河内十人切り」でございます。
熊太郎と弥五郎による、松永一家皆殺しです。

その時熊太郎は獅子舞の面をかぶります。獅子舞の内側の暗闇の世界と、まだ生まれて間もない赤子でさえ容赦なく切り捨てている現実世界。その半々を熊太郎は見ています。
自分の脳内と現実には暗闇が挟まっていて、本当の気持ちだとか、やる気だとか、恋する気持ちだとかが、その暗闇のようなものでさえぎられてきた。
コミュ障、というには重すぎる熊太郎の人生はそれから絶望的な様相。
大量殺戮を終えた後は山に潜むふたり。周囲は警官に囲まれている。
熊太郎は一世一代の「告白」を、弥五郎に、神様に、そして自分自身に試みます。今まで自分が何を感じて生きてきたか。言葉を懸命に探すのです。
その最後の「告白」がほんとうにやりきれない。今まで熊太郎と一緒に苦しんできた読者からしたらもうたまらない。訳の分からぬ感情でいっぱいになる。
たった一言に集約されるのです。その後、熊太郎は自害します。

三島川端の美しい文章もいいけど、ぎりぎりを攻めた壊れる寸前のポストアポカリプス的文章、かつここまでのカタルシスをもたらすプロット。

湊かなえのほうじゃないよ。映画の出来が良すぎたからこっちが目立っているけど、小説で「告白」といえば町田康のほうでまちがいない。

思い入れが強すぎていつまでも文章がまとまらないっす。

ぜひ読んでみてください。

 

告白 (中公文庫)

告白 (中公文庫)

 

 

自分でも不思議なくらい惹かれて驚いてます カービィ世代は直撃不可避 ヒゲドライバー:スパッと! スパイ&スパイス

近年まれにみるアニソンの傑作。なんでやねんと思うかもしれないけど、個人的に衝撃だったのよ。
アニソンだからとあなどるなかれ。強者はいつも君の狭い世界の外側に居るのだ。
もってけ!セーラー服」よりもまとまってて好きなんよ。CD買ってしまったよ。
BPMは、かなりはやめ。

なぜだか新谷良子の名曲「ハリケーンミキサー」を思い出しました。


まずは何といっても歌詞が秀逸。内容ではなく、声優の歌声を楽器として扱うための歌詞。

スパっパッパラッパーの部分、ド頭で「スッ」というクローズハイハットみたいな詰まった音が1拍目の直前に入ることによって前ノリが生まれている。
各小節の始まりが「ス」なので、発音する関係上誰が歌ってもそうなるのだが、予想だけどこれは歌っている声優に意識するよう指示しているのではないかな。
偶然の産物とは思えない。「パ」はもちろん金管。スパイの曲だから「ス」と「パ」かぁ。よくできてらぁ。

そして金管とベース。よく動くなぁ。「もってけ!セーラー服」でもベースの楽しさに感動したけど、この曲も気持ちがいい。
これは完全に妄想ですが、ヒゲドライバーのバックグラウンドには星のカービィシリーズの音楽を手掛けた石川さんの影響が感じられる。
特に似ているのは「メタナイトの逆襲」の甲板ステージかな?
とにかく私は作曲した多分同世代くらいであろうヒゲドライバーさん、今後に期待してます。ノリのいい曲をどんどんだしてアニソンをもっとおもしろくしてほしいです。

アニメーションもなかなか30代に響く感じで非常によろしい。007オマージュとか。
ニコニコ出身のクリエイター増えたなあ。

 

すいません、アニメ本編は未視聴です。OPばっか聴いてます。なんでやねん。

 

 


TVアニメ【RELEASE THE SPYCE】OP映像「スパッと!スパイ&スパイス」

 

 

日本のSF小説はほんとうにおもしろい。 伊藤計劃:虐殺器官

 

 

天才の所業です。

 


日本のSF小説の潮流を変えてしまう程の魅力を持った作品です。はてな民の方には釈迦に説法の気がしますけど、ほんとうにすきなんです。許してください。
このブログも著者の映画ブログ『第弐位相』に影響を受けて始めたものです。(このブログより千倍おもしろいよ)
伊藤計劃はわたしの人生にむちゃくちゃ影響を与えた人で、小説を書き始めるきっかけとなった人でもあります。

 

舞台は近未来のアメリカ。米軍兵士であるクラヴィス・シェパード大尉は特殊検索群i分隊という、暗殺が任務の部隊に所属している。母の死や世界に頻発する独裁者による自国民の虐殺、メンタルケアの発達により子供を殺しても何も感じない自らの心、など様々な頭痛の種を抱えつつ、虐殺が起きる地域に必ず姿を現すアメリカ人、ジョン・ポールを捕らえるためにクラヴィスは今日も頑張る。心に蓋をしつつ……
みたいなあらすじです。
文体は作者も公言しておりますが黒丸尚の翻訳調にかなり影響を受けています。ギブスンとかスターリングでしょうな。
ルビ振りまくり。ここで海外SFを呼んだことが無い人は若干の違和感を覚えるけども我慢。


SFやハードボイルドに合う乾いた印象です。黒丸さんの訳でいちばんすきなのは、ニューロマンサーで作品のコアとなるAIのなまえ”winter mute”を、『冬寂』と訳したとこですかね。HUNTER×HUNTER感先取り。粋だね!"
わたしが最も評価するところは人文哲学(カフカ)、社会学(経済、歴史)、科学(生物学、言語学)大衆文化(モンティパイソンや映画、頭文字D))
教養としてほしいところ全部網羅しているところでございます。いわゆる知的好奇心が性感帯の人はもれなく絶頂するのです。(別に嘘でも構わない)
はっきり言ってね、日本の文学はその他の学問に弱い。あまりにも情緒的に過ぎる。エンタメや表現に振りすぎている。
総合的な教養を摂取できるのは村上龍京極夏彦ぐらいです。

そんなおもしろ知識小説であるにもかかわらず、戦闘描写は抜群。エンタメとしても素晴らしすぎる出来なのです!!!
シネフィルである作者特有のバランス感覚なんでしょうね。

 


欠点としては、筒井さんも指摘していた部分で、メインアイディアである「虐殺器官」そのものの根拠が薄い。おそらくチャック・パラニュークの「ララバイ」が元ネタでしょうが。そこさえ目をつぶれば、まあ良くできた小説です。100点満点中99点。これ以上無いくらい。

あ、映画は全体的に微妙でした(脚本における情報量のコントロールが難しかったね)が、インドでの市街戦でドローンを使った戦闘シーンは素晴らしい。ていうかこういうテクノロジーでやんちゃした市街戦もっと見たいよ。ブレードランナー2049でラブちゃんが使ってたドローン空爆とかさぁ。中国映画が先にやっちゃうかもよ?メタルギアの映画で観れるのかしら。
サー・リドリー・スコットブラックホークダウンにUAV使ったらこうなる。

トランプ大統領の出現を予言しているような作品です。ほぼ就任と同じタイミングで映画化したので本当にびっくりしました。湾岸戦争、9.11、イラク派兵、トランプはひとつなぎのワンピースですね。

 

 

虐殺器官〔新版〕 (ハヤカワ文庫JA)

虐殺器官〔新版〕 (ハヤカワ文庫JA)

 

 表紙は前のデザインが良かったなあ。(神林しおり感)

唯一無二のメンヘラヒップホップ:Portishead:Dummy

ヒップホップが秘める多用性に唖然とする大傑作。

スーパーダウナー系。寝る前に是非。

わたしのヒップホップにもつステレオタイプは、黒人のガタイのいいにーちゃんがエロいねーちゃんはべらして、キャップかぶってだぼだぼの服着て、
金ぴかのネックレスつけて、すげぇ自己主張を垂れ流しているイメージ。
違いますよ、ことPortisHeadに関しては!初聴きのときはたまげましたよ。

地味な恰好をした今にも自殺しそうな白人美女ベス・ギボンズが、か細いファルセットで過度に暗い歌詞を紡ぎます。ヒップホップなんだけどね。
本作は「スパイ映画のサントラ」というコンセプトだそうで、そんな感じはします。とはいえ全編暗い。暗い。絶望的に暗い。
聴くと音楽の用途が限られているんだけど、内向、内省的な人はおしなべてハマると思います。

個人的にいちばんよかったのは#8「Roads」ですかね。歌ものとして素晴らしい。色っぽいよ。
一般的には#2「Sour Times」(タランティーノが使いそう)#11「Glory Box」(ギターかっこいい) が名曲とされてる感じでしょうか。

アルバムの全体的なイメージとしては、メンヘラの美女が雨の中で泣きながら夜のロンドンをふらふら歩いている感じでしょうか。徐々にテンポが遅くなっていくのも死を匂わせてて不吉。
そんな世界観に引きずり込まれるようなサウンド
音の数はかなりミニマルで、またそこらへんも好みなんだよなー。似てるアルバムが見つからなくて個人的に替えが無いアルバムです。一生聴くと思います。
トリップホップ」というジャンルが示す通り、通しで聴いていると下向きのベクトルでトリップできますよ。退廃的な雰囲気がなんともよござんす。

あとジャケットがこわい。こんなアルバムを作るイギリスと言う国がこわい。これが売れるのもこわい。


Portishead - Roads


髪ボサボサで未亡人みたいな色気。

日本の自称メンヘラ女子はこれを聴いて気分高めて欲しい。

 

 

dummy

dummy

 

 

 

 

ポーカー映画ではフルハウスもっててもオールインしてはいけない シャツの着替えも用意しとこう マーティン・キャンベル:007 カジノ・ロワイヤル

ポーカーとスパイ映画好きとして時々見返したくなる映画。
カジノロワイヤルは原作でも第一作なので007のエッセンスが凝縮されてますな。
偉大なるマンネリズムといか、まだやってんの?と言われてもしょうがないシリーズなんだけども。もうやることないでしょう。アストンマーチンの新作を観に行くというのもありだな。ボンドカーがEVになるとものすごい静かなカーチェイスになりそうで見てみたい。カーチェイスの魅力って3割くらいエンジン音だと思っているので。"
イアン・フレミングはもうとっくに亡くなっているので、007はドラえもんとかクレヨンしんちゃんに近いかもしれませんね。新作作成中(2019年3月現在)ということなので不安9割、期待1割ってかんじ。

テキサスホールデムのテーブルで、扱うお金が10万ドル以上になるとチップじゃなくてプラスチックのカードになるんですね。

AKフルハウスにJクアッドで勝っちゃうなんてポーカー上手いというか只の剛運なル・シッフル。顔も微妙になさけなくていい感じ。

オールイン勝負で負けたら立ち直れないのがふつうだけど、
われらがボンドは国にもCIAにもタカることができるヒモ体質。負けた後も一通りアクションをこなし、人を3人ほど殺した後CIAと手を結び、
毒を盛られ、ゲロを吐き、自分で自分にAEDをし、どんなに危機があってもシャツを着替えてテーブルに戻ってくるのがかっこいい。正直どれだけ負けても、殺されかけてもテーブルに座り続けて敵をにらみつけるダニエルクレイグを観るための映画なんでしょう。イギリスはボクシングの国ですから、そういうタフさがもてはやされた時代の作品なのねん。ほんとにかっこいいのよ。

どんなにしんどくても音をあげないのがイギリス流。ダイ・ハードマクレーンは見習え。あれはあれで笑えるけど。

ラストの舞台をヴェネチアにしたのはさすが超大作。画が素晴らしくて、かつ水責めが出来るのでバトルにも最適というロケーション。車使えないけどね。

ポーカー映画ではフルハウスもっててもオールインしてはいけない。それは別のポーカー映画マッドデイモンがめちゃ若いラウンダーズでもそうです。


第3幕のヴェネチアはまあ、ポーカーのシーンほど面白くは無いです。普通のスパイ映画のプロットに戻るだけなので。ただロケ地がすばらしいので、銃撃戦と水責めを楽しんでおわりかな。
ヴェネチアが舞台の作品では本作とジョジョ5部がおすすめ。


もっとポーカー映画増えて欲しいですね。ギャンブル強い男はかっこいいです。


藤原正彦「国家の教養」読んだらやっぱすごかった

国家の品格」も良かったけどこの人はユーモアの大事さを分かっていていいなぁ。イギリスで働いたことがある人はなんか一味違いますね。ボンドのユーモアはイーサン・ハントのそれより好みです。
近代的合理精神に心身ともにやられている人たちはみんな読もう。
個人的に先進国ではイギリス>>北欧>>イタリア・ドイツ>>>>フランス>>>>>>アメリカ (カナダはようわからん)が好きですね。文化的にも政治的にも。
アメリカは比較的若い国っていうハンデもありますが。

 

カジノ・ロワイヤル (字幕版)